納豆は朝食べるよりも「夜のほうが断然良い」その本当の理由とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の朝食の定番というと、ご飯と納豆を思い浮かべる方が多いのでは? 納豆は美容、健康効果が期待できる食べ物だというのも、今や常識。

”納豆が体によい”とわかっているなら、納豆パワーを存分に生かすことができるタイミングで食べないと、もったいないですよね。

そこで今回は、今よりもっとキレイになれちゃう”納豆パワーを存分に生かすコツ”をお伝えしたいと思います。

 

■朝より夜に食べた方がキレイになれる?

納豆は優れた栄養素を含む食べ物です。その栄養素を寝ている間に働かせることによって、今よりもっとキレイになれると言われています。意外と知られていない”納豆の働き”についてお話しましょう。

(1)ナットウキナーゼが寝ている間に大活躍

納豆のネバネバに含まれる”ナットウキナーゼ”という酵素は、納豆特有の成分で血液をサラサラにするとされています。この酵素は食後10~12時間働くので、寝ている間の血流が滞りやすい時間にバッティングさせるのがコツ。血流がスムーズになると肌に栄養が届くようになるため、美肌効果が期待できるのです。

(2)成長ホルモンの分泌を促進

眠り始めてから2~3時間経つと、成長ホルモンの分泌が始まり、お肌のゴールデンタイムに突入します。納豆に含まれる”アルギニン”には、成長ホルモンの分泌を促進する効果があるとされ、この時間に合わせるためにも、夜に食べるのがオススメ。

また、納豆には細胞の再生を促すビタミンB2や皮脂分泌をコントロールするビタミンB6、整腸作用がある食物繊維、むくみ解消効果があるカリウムなどが含まれていると言われているので、できることなら毎日摂りたいですよね。

 

■お悩み別”納豆の食べ合わせ”

続いて、オススメの納豆の食べ合わせをご紹介します。献立の参考にしてみてください。

(1)お腹の調子を整える・・・納豆+キムチ、納豆+オクラ

(2)疲労回復・・・納豆+ネギ、納豆+梅干し、納豆+ショウガ

(3)白髪が気になる・・・納豆+黒すりごま+オリーブオイル

(4)美肌作り・・・納豆+アボカド、納豆+マグロ

 

納豆はいろいろな食材との相性がよいので、飽きることなく食べ続けることができます。これからは、”夜納豆”を習慣にして、今よりもっと美人になっちゃいましょう!

 

【関連記事】

みんな肌をこすり過ぎ!恐ろしい「摩擦ジミ」ができちゃうNG習慣

虫歯やマスクもNG!? 「顎ニキビ」ができやすくなるヤバイ習慣4つ

体の中で何かが起こってる!「頬ニキビ」ができちゃう本当の理由

なぜそこに?「こめかにニキビ」ができやすくなるNG習慣3つ

※ 【動画あり】憧れの先輩に!メイクと服で「凛とした素敵30代」になる技