デニムが窮屈過ぎ!ぼよ~んと弛んだ「オバ尻な人」の3大共通点

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今季は、空前のデニムブームが再来中! スキニー、ブーツカット、ワイド、ストレート、あらゆる形が出そろいました。中でも気になるのが、ハイウエストと呼ばれるお尻をすっぽり包むタイプのデニムです。

しかしデニムをかっこよくはきこなすには、お尻が高い位置にあることがとても重要! 久々にはいてみたスキニーが、脚にまとわりついて、モコモコしたタイツのように見えるというあなた、要注意です。

今回は、デニムを始めとするパンツルックが、昔のように着こなせない人の共通点をさぐりながら、自宅で簡単にできる美脚対策をご紹介します。やり始めた人から効果が出るはずですよ。 

 

■入浴はシャワーで済ませるのはNG

どんなに痩せている人でも、加齢による脂肪率の増加と代謝の低下は防げません。毎日浴槽に浸かることで一日の疲れを流し、代謝を促す必要があります。

シャワーだけで済ませている人は、この機会をみすみす逃していることに。いつの間にか数年前より、ボディラインがぼやけた気がするという人は、ぜひ入浴方法を変えてみましょう。

 

■階段を使わないのはヤバイ

階段の昇降は、どちらの運動も大切です。意識を高めれば、腹筋と背筋の強化にも役立ちます。上半身を天井に向かって引き上げ、お尻の筋肉を大きく動かすことを意識しましょう。

お尻を意識して歩けば、ヒップアップ効果も期待できます。

 

■内股の筋力低下に気づいていない

内股の筋肉は、意識しないと普段使わない部分です。歩くときに内股を引き上げるように意識しないと、外股の筋肉ばかりを使って移動するので、脚の外側にお肉がつきやすくなってしまいます。

その結果、内股はたっぷり脂肪がつき、外股は張った筋肉の上にうっすらと脂肪がついてしまうことも……。座りっぱなしで、運動不足を実感している人も要注意です。

 

■オバ尻を防ぐ簡単エクササイズ

上記にある3つは、美脚や美尻に悪影響のあることなので、これらの逆のことをしましょう。これらに加えて一日5回ずつでいいので、下記のような簡単な運動を取り入れてください。

(1)四つん這いになり、背中は真っ直ぐ床と平行に保ちます。

(2)左右の脚を付け根から天井に向って大きく上げましょう。

(3)3秒そのままホールドし、今度は膝をまげて背中を丸くし、頭と膝を胸に近づけます。

両足で各5回を1セットとして、寝る前と起床時に毎日やってみてください。これまで運動不足で、やや痩せ型の人ほど、すぐに効果が現れるはずです。1セットでは物足りないという人は、自宅のリラックス時間にこの動きを取り入れて、やれるだけ続けてみましょう。

ただし昨日100回やったからといって、今日はお休みというのはなしにしましょうね。毎日必ず5回繰り返すことが肝心です。

 

ハイウエストジーンズのブームから、これまでダサいとされてきたマムジーンズ(ママがはくようなだっぷりした形のジーンズ)にも注目が集まっています! 美ヒップラインを手に入れられたら、どんなデニムでもはきこなすことができそうですね。

 

【関連記事】

デスクワーク女子に忍び寄る「お尻が巨大化」する恐怖現象とは?

腹筋500回分の効果が「たった15回」やるだけでOKな運動とは?

結局どっち?「Tバックはお尻が垂れるのか・垂れないのか」を検証

※ 【動画あり】全方位で美人!簡単「フィッシュボーン」ヘアアレンジ術

ショック!後ろ姿だけで即「男性陣からお断りされる」女子の特徴