贅肉は硬いところにつく!明日から美人になれる藤原美智子の至言

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

研ぎ澄まされた美意識で、数々の女性誌の表紙でヘアメイクを手掛けるなど、幅広く活躍されているヘアメイクアップアーティストの藤原美智子さん。大人のキレイ術に定評があり、メイク以外でもファッションやボディ、食生活とライフスタイルの審美眼は、注目の的です。

そんな美のカリスマ藤原さんが、”大人のキレイ”について考え、感じてきたことをまとめた著書『大人のキレイのつくり方 しなやかに輝く女になる100のヒント』から、心も身体も美しくなる至言をご紹介します。

 

■1:“私”よりも“自分の細胞”が喜ぶほうがよい

「表面的な楽しさや、一瞬の満足感はもう十分かな」と思うようになったという藤原さん。それよりも森林の中を歩いたり、海風に吹かれながら波打ち際を散歩したり……。

「自然に触れていると、“私”以上に“自分の細胞”が喜んでいる感じがします。深い満足感というのは、そういうものかもしれませんね」と語っています。

 

■2:積み重ねる日々こそがその人をつくる

年齢を重ねるほど、何を考えてどう行動しているかが、顔や雰囲気に現れてきます。

仕事柄多くの女性の顔に触れ、「持って生まれたものは減っていくけれど、日々、積み重ねていくものは増えていく。そんな当たり前のことを痛感します」と、藤原さんはおっしゃいます。

毎日のことこそ、大事なのですね。

 

■3:ダイエットは身体ほぐしから始まる

ダイエットが上手く進まない時は、まず自分の身体に触れてみましょう。

「ストレッチしたりマッサージを受けたりして、硬かったところや歪んでいたところについていた贅肉が取れていきました。硬かったり歪んでいたりしたら、血流もリンパの流れも悪くなりますよね。それに硬い部分は、筋肉も動きにくくなっているから、さらに新陳代謝が悪くなるのです」とのこと。

痩身の第1歩は、身体をほぐすこと、これに尽きるそうです。

 

藤原さんは、これまでたくさんの人に接してきて「自分らしさに近づけた人ほど、その輝きは大きくなる」ということを確信していると述べています。

変化する”自分らしさ”を捉えることが、キレイにつながるのですね。

【関連記事】

※ 「大人キレイ」の本質とは?藤原美智子による目からウロコの助言

タイプ別診断!指を長くキレイに見せてくれる「指輪選び」のコツ

コスメも食べ物も「オーガニックが体に断然よい」科学的な理由とは

※ 案外気づいてない?「メイク下手な人」がやりがちなNG行動3つ

※ 【動画あり】男性ウケ抜群!老けて見えない「すっぴん風メイク」の正解

 

【参考】

※ 藤原美智子(2013)『大人のキレイのつくり方 しなやかに輝く女になる100のヒント』(PHP研究所)