え…手に触れるだけで酸化劣化!? サプリメントの危険な落とし穴

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはどんな基準でサプリメントを選んでいますか? 体調が悪いときになんとなく効きそうな成分を摂取する、または日常的に足りていない成分を摂取する、そういった使い方が主流ですよね。

しかしサプリには落とし穴があるようです。健康食品を摂取しているのに効果を感じられないという人は、もったいない摂取方法をしているのかもしれません。

4月16日にローンチした、マッチングオーダーサプリメントのウェブサイト『Pitali』の診断監修をしている山本竜隆先生と、サプリメント監修薬剤師の人見信之先生からお話を伺うことができました。

 

■手に触れるだけで酸化劣化する

大半のサプリがボトルの形状で販売されていますが、驚くことにこの形状はサプリの大きな弱点をクリアできていません。サプリは空気に触れるたびに酸化し、劣化してしまうという事実があるそうです。

「2粒を飲もうとして手に出した際、5粒ほど出てきてしまってボトルに戻すことがありますよね。そのときには手にある油分も一緒にボトルの中にしまっていることになるので、さらに酸化劣化を進めてしまうことになります」

こう語るのは上記のサプリ販売を展開するTヘルスケアの代表取締役、大塚健史氏。成分が大きく変わることはないものの、摂取できるはずの栄養やバランスが崩れてしまうことがあるとのこと。空気に触れたり、手に取り出してしまう度に、劣化するなんてコワいですね。

 

■自然治癒力を高めるのがサプリ

わたしたちの体には消化、吸収、排泄という基本の動作を支える恒常性維持機能(ホメオスタシス)が備わっています。人見先生いわく、サプリは健康な食事と適度な運動をしている体の機能を、さらに高めるために摂取して欲しいそうです。

体調が悪いときに病院に行くのはよくあることですが、原因がはっきりせずなんとなく不調が続く場合があります。そんなときにサプリを使って体の機能を高めることができれば、もっと楽しい生活が送れるようになるそうです。

 

■”サプリだけ”ダイエットは必ずリバウンドする

気をつけたいのは、栄養素だけを摂って食事を抜くダイエットをすることなんだとか。若年層によく見られるこの摂取方法は、大きなリバウンドを招くことになるので絶対に避けた方がいいようです。

栄養士いわく、一日30品目の食品を摂るのを目標にするといいそう。食品の栄養成分だけ摂取しても、その成分の吸収に他の栄養素が関わっていることもあるので、バランスのいい食事が大切です。

 

自分に必要な栄養素がなんなのか、判断できないときは専門家に意見を求めたいものですね。足りない栄養素を上手に補って、不調を改善できるといいですね。

 

【関連記事】

ローラも愛食中!肌ツヤも気分もアガる「ひまわりの種」のパワー

※ 【動画あり】メイクだけでは足りない!美人度を上げる「美肩」の作り方

運動なしでグングン痩せる!魔法のように脂肪が燃える新・唐辛子

コラーゲンにセラミド…「飲むvs.塗る」どっちが肌に効果的?

「冷え」が失明に繋がる!絶対に不足してはいけない2つの成分