手持ちの口紅でOK!コンプレックスを魅力に変えるリップメイク術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の顔の中でも、魅力を感じさせるパーツ”唇”。しかし、自分の唇の形に満足している方って意外と少ないようです。

そこで今回は、いつもの口紅を使って、コンプレックスを魅力に変える”リップメイクテク”をご紹介したいと思います。

 

■薄い唇がぽってり唇に!

唇が薄い方は、リップラインをオーバー気味に描いてぽってり見せましょう。

(1)口紅をブラシに取り、上唇+1mm外にはみ出すようにラインを描いて、全体を塗りつぶします。

(2)下唇も同様、1mm外にはみ出すようにラインを描いたら、全体を塗りつぶしましょう。

(3)唇をぽってりと見せるために、全体に薄くグロスを塗ったら、上下の唇の真ん中にチョンと足します。

 これで完成です。貧相な唇もぷくっとした唇になりますよ。

 

■厚い唇の存在感を薄くするには?

石原さとみさんのようなぽってり唇が人気の中、「唇が厚くて悩んでいる」という方もいます。そんな方は、唇の存在を控えめに見せるテクをマスターしましょう。

(1)ファンデーションやコンシーラーで、唇の色を消します。

(2)上唇の内側部分にだけ、口紅を直塗りします。

(3)下唇も同様、内側部分にだけ、口紅を直塗りします。

(4)何もつけていないリップブラシか指先を使い、リップを外側に向けてグラデーションになるように広げます。こうすることで、唇の中央に視線が集まるため、ぽってり感が薄れます。

(5)グロスは唇全体にごく薄くのせて馴染ませます。

 

■上下の唇の形を整えるコツ

上下の唇の厚さが違いお悩みの方は、ふっくらしているほうに合わせてボリュームをもたせてあげると、全体の形を整えやすいです。

(1)口紅をブラシに取り、ふっくらしているほうの唇全体に塗ります。

(2)その後、薄いほうの唇の形を補正していきます。口紅をブラシに取ったら、ふっくらしているほうに合わせて、オーバー気味にラインを描き、内側を塗りつぶします。オーバーにし過ぎて不自然にならないように、注意してくださいね。

(3)グロスは、唇全体に薄く馴染ませたら真ん中にチョンと足します。

 

唇の形別リップメイクのテクニックをお伝えしました。唇の形にコンプレックスがある方は、上記のコツを参考にしてメイクをし、200%魅力的に見せちゃいましょう。

 

【関連記事】

【動画あり】和顔が「色気と立体感のある顔」に変身する!メイク術

【動画あり】メイクテクがグ~ンとUPする最強アイテムと使い方

美人顔に近づく「左右対称メイク」を成功させるたった3つのコツ

そんなんじゃ無理!好きな彼に「ドン引きされる」NGメイク5つ

実はバレバレ!男性に「メイク濃いな」とギョッとされるNG例3つ