たった3分の習慣でOK!だらしない「ブラ周りのハミ肉」撃退法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジャーのラインにのっかったハミ肉は、身体のラインを恰好悪く見せるだけでなく、「おばさんぽい……」と思われる体の特徴のひとつでしょう。

でもなかなか取れないのが、背中の肉。そんな背中の贅肉を落とすには、肩甲骨を動かしてあげることが大切なのです。今からでも夏まで間に合う、背中のハミ肉、撃退方法をご紹介しましょう。

 

背中のハミ肉は肩甲骨が関係する?

毎日長時間、同じ態勢でパソコンを使っていたり、常に猫背になってしまっていると、肩甲骨の周りがほとんど動かされず、どんどん背中に贅肉がつきやすくなってきます。贅肉がついてくると、ますます背中周りを動かすのが面倒になり筋肉を使わず、どんどん肉がついていきます。さらに、肩こりや冷えにもつながります。

人間は普段の生活で前かがみになることは多くあっても、それに比べて後ろに体を反らしたり、背中側の筋肉を使うことはあまりありません。

背中にハミ肉がある方は、普段肩甲骨周りの筋肉を使っていない証拠だと自覚しましょう。これからはなるべく動かすように、意識することが第一歩です。

 

自宅で簡単エクササイズ

細長いクッションまたは、バスタオルを細長く折ったものを床に置き、背骨の中心にそれがくるように、その上に仰向けでのっかります。そして両手をバンザイするように上げ、そこから気をつけの姿勢になるまで、手を下ろす動作を繰り返します。

数回やるだけでも肩甲骨周りの筋肉が、強く刺激されているのがよくわかります。1日10回程度でも毎日続けるとかなり効果が上がります。

 

オフィスで簡単エクササイズ

壁から30㎝くらい離れた場所に、壁に背を向けて立ち、腰から下はそのまま前に向いて固定しながら、後ろに振り返ります。振り返った時に両手を壁につけて、できるだけ背中をひねるようにします。これを左右5回ずつ、例えばトイレに行くたびにすると、背中のストレッチ運動になります。

また、『美レンジャー』の過去記事「超スゴイ!4日間で”背中のハミ肉”がストンと落ちる魔法のテク 」でもご紹介したように、ブラをつける時、背中の肉をブラの中まで持ってくるという方法もあります。試してみてください。

 

背中のラインがだらしないと、おばさんに見られてしまいます。ぜひこの習慣を続けて、スリムなバックラインを目指しましょう。

 

【関連記事】

あなたが頑張ってウォーキングしても「痩せない」本当の理由3つ 

「オバさんっぽい…」と実は裏でつぶやかれている人の特徴5選

おばさんに見られる原因「背中のたるみ」を作らないコツ 

※ 【動画あり】憧れの先輩に!メイクと服で「凛とした素敵30代」になる技