ほうれい線と即効バイバイできるマッサージすべき意外な場所とは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20代後半になると、日に日に気になってくるのがほうれい線。スキンケアや頬のエクササイズをがんばっている方も、たくさんいると思います。

でも、なかなかすぐには効果が出ず、「努力してもムダ」と感じて諦めモードの方も、少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、ほうれい線ケアの成果を出すために、マッサージすべき意外な場所をご紹介したいと思います。

 

■頬を吊り上げている筋肉とは

ほうれい線や頬のたるみが気になると、「なんとか頬を引き上げたい!」と思いますよね。実は、頬を引き上げる力は、私たち人間にもともと備わっています。その役割をしているのは、頭の側部にある側頭筋です。

側頭筋は、耳の少し上あたりにあります。歯を食いしばると動く筋肉です。この筋肉が衰えてしまうと、頬を引き上げる力が弱くなり、たるみやすく、ほうれい線が気になってしまうのです。

 

■側頭筋のマッサージ方法2つ

側頭筋は、ストレスによって硬くなってしまいます。不安や緊張、イライラがあると、無意識に歯を食いしばりがちで、側頭筋にダメージを与えます。寝ている間も歯をギューッと噛みしめていたり、歯ぎしりをしてしまう方は特に注意。

硬くなった側頭筋を放置してしまうと、頬を引き上げるパワーがどんどん失われてしまいます。それを避けるには、側頭筋のマッサージを習慣にして柔らかく保つことがポイント。

(1)指を使ってマッサージ

歯を食いしばると動く耳の上あたりの部分を、親指と小指以外の3本を使って、くるくるとマッサージしましょう。

(2)ヘアブラシで頭全体をマッサージ

髪を美しく整え、血行をよくしてくれるヘアブラシの習慣は、とってもおすすめ。コームではなく、マッサージ効果も期待できるヘアブラシを選びましょう。

 

これまでのほうれい線ケアに側頭筋マッサージを加えれば、ほうれい線とさよならできる日がぐっと近づくはずです! ぜひ毎日行ってみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】のっぺり顔卒業!立体感と美肌を作る「コンシーラー」術

たった2分でOK!憎き「ほうれい線」を消すとっておきの方法とは

たった30秒でできる!ほうれい線が消える「ごま油うがい」とは

ウソ!「減量とシワ改善」を同時に叶える魔法のスイーツがあった

永作博美が老けないワケ!年齢不詳になれる魔法のドリンクとは