捨てるべきもので「弁当や水筒の汚れや臭い」をなくすナイスな方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GW真っ只中、行楽シーズンがやってきました。お弁当や水筒を持って行楽地へ出かける人も多いことでしょう。

でも、楽しい時間が終わったら、お弁当や水筒の片付けで頭を抱える人もいるはず。特に、油汚れや臭いは、頭を悩ますもの。だからと言って、洗浄力の強い洗剤を使うのも何だか気が引けるという方もいるのでは? 

そこで今回は、簡単で安全にお弁当や水筒などの汚れや臭いを除去する、優秀アイテムを5つ紹介したいと思います。

 

■1:油汚れや頑固なご飯粒には牛乳パック

ギトギト固まった油やこびりついたご飯粒には、牛乳パックがおススメです。切った牛乳パックをヘラのように使い、優しく擦ると簡単に落とすことができます。

 

■2:頑固なぬめりや臭いには重曹

重曹は、ぬめり取りや消臭に効果的です。お弁当箱に直接重曹を振りかけ、少し置いた後、スポンジで擦り、温かいお湯で洗い流してください。ツルツルになりますよ。

 

■3:独特な臭いには緑茶

嫌な臭いには、飲み終わった茶葉も大活躍。出し殻をネットやお茶パックに入れて、洗ったお弁当箱に入れておきましょう。これだけで独特な臭いが取れます。

 

■4:嫌な臭いには米のとぎ汁

米のとぎ汁も、臭い除去におススメです。臭いのついたお弁当箱を米のとぎ汁につけておくだけ。数時間で臭いが気にならなくなります。

 

■5:水筒の茶渋には卵の殻

水筒の底に、ぬめりが残ることがありますよね。底までスポンジが届かないので、なかなか取れないぬめり……。そんな時は、捨ててしまう卵の殻を使いましょう。細かく砕いた卵の殻を入れ、シャカシャカ振るだけで頑固なぬめりが取れます。

 

洗浄力の高い洗剤など、科学的なものを使って落とすより、食べ物を使って汚れや臭いを取ることができたら、安心ですよね。ぜひ、活用して行楽シーズンを楽しんでください。

 

【関連記事】

※ 要注意!夏に絶対入れちゃいけないお弁当のNG中身8つ

●●にすれば太らない!美と健康を維持する「食品の選び方」3つ

子どもが大喜び!キャラ弁をおいしくヘルシーに仕上げる意外な方法とは

梅雨の時期は要注意!食中毒にならないためのお弁当テク8個

※ 【動画あり】正面だけキレイはNG!「横顔美人になる」メイクテク