ダイエット中でも体重がストンと落ちる「太らない外食」のオキテ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ダイエット中の外食は天敵!」皆さんは、こんなふうに思っていませんか? 慌ただしい日々の中で外食は時間の節約、あるいはコミュニーケーションの場だったりと外せないのも事実。

しかし、誘われるがままに外食していたのでは、体重は増えるばかりかも……。そこで今回は、ダイエット中でも痩せ体質へ導く、正しい外食のオキテをご紹介します。

 

■痩せやすい食事のオキテ

ダイエット中だからといって、必用な栄養素を摂らずにいたのでは、キレイから大きく遠ざかることになります。健康的に美しく痩せられなければ、よいダイエットとは言えませんよね? ダイエット中は、以下のことを意識してみてください。

(1)肉や魚、卵を欠かさない

避けてしまいがちなこれらの食材ですが、実はダイエット時の心強い味方! 肉や魚、卵に含まれるタンパク質は肌や髪だけでなく、筋力や内臓など私たちのカラダのもとになる大事な栄養素なのです。

(2)生物や発酵食品をプラスする

野菜やフルーツなどの生物には、美容に欠かせない“酵素”が含まれ、納豆や味噌、キムチなどの発酵食品には、腸内環境を整えてくれる“乳酸菌”が含まれています。ダイエット中は積極的に摂るとよいですよ。

 

■これで完璧! 正しい外食のオキテ

前述のことを踏まえて、正しい外食のルールを見ていきましょう。

(1)ファストフードよりも牛丼屋

”早い、安い、うまい”を売りにしたお店、ランチや遅くなった日は、すぐに入りたくなりますよね。そんな時おススメしたいのが、食品添加物やトランス脂肪酸、人工調味料や防腐剤が問題視されているファストフードよりも、牛丼屋です。肉はもちろんのこと、生卵や納豆をプラスできるなど、栄養バランスにも優れています。

(2)焼き肉を食べるならジンギスカン

敬遠してしまいがちな焼き肉も、ジンギスカンならヘルシーに楽しむことができます。牛リブロース肉100gが468kcalに対し、ラムロース肉の100g当たりのカロリーは227kcalとされます。さらに、ラム肉には牛肉に比べ“カルニチン”という脂肪燃焼効果のある物質が、多く含まれています。

(3)イタリアンではトマト系パスタ

女性に人気のパスタ。どれにしようか、迷ってしまいますよね。そんな時は、カルボナーラなどの高カロリーなクリーム系パスタよりも、トマト系パスタがおススメです。ミートソースや、ナポリタンなどは肉や野菜の割合も多く、栄養バランスもよいですよ。

 

いかがでしたか? 正しい外食のオキテを身に付けて、ダイエット中でも我慢することなく痩せちゃいましょう。

 

【関連記事】

※ NGな口グセを多用しがち!痩せられない「おデブ脳」からの脱却法

※ 【動画あり】憧れの先輩に!メイクと服で「凛とした素敵30代」になる技

※ 春は痩せやすいと判明!脂肪がボーボー燃焼するちょっとしたコツ

※ 「ダイエット中だから…」といって肉を避ける女性はブスになる!?

※ 小腹がすいたらコレ!「我慢しなくていい」太らないおやつ10選