え…「シャンプー前にコンディショナー」の順が髪にいいって本当!?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャンプーしてからリンスあるいはコンディショナー。そんな常識のプロセスを覆す、”コンディショナーをシャンプーの前にする”というヘアケア方法が、イギリスのメディアで紹介され話題になっているそうです。

まとまりやすいヘアになるといいますが、本当なのでしょうか?

 

コンディショナーってそもそも何? 

コンディショナーには、傷んだ髪の毛の表面をコーティング剤で保護してくれる働きがあります。リンスも同様に、髪の表面にコーティングをして、指通りを滑らかにしたり、表面のすべりをよくしてくれます。

一方、トリートメントは髪の中まで栄養分が浸透して、より補修効果が高いものです。一般的な使い方としては、シャンプーで髪の汚れを落とした後に、リンスやコンディショナー、またはトリートメントを使うという流れですね。

 
シャンプー前のコンディショナーはなぜいいの?

イギリスで話題になっている”シャンプー前のコンディショナー”のやり方は、まず最初に髪を軽く濡らしてから、コンディショナーをつけて5分ほど置いたら洗い流し、その後に通常通りシャンプーをします。

この方法がなぜよいかというと、最初にコンディショナーをつけることで、傷んだ髪の補修効果が高まること。また、シャンプー中に濡れた髪をゴシゴシとこする動作は、髪の毛を傷めやすいため、シャンプー前にしっかり傷んだ部分をカバーしてあげる点がよいそうです。

この考え方は、ヘアオイルなどを使ってシャンプー前に頭皮をマッサージしたり、毛先をケアした後にシャンプーをするという方法と同じこと。この場合、髪がシャンプーでキシキシすることもなく、髪のボリュームも適度に抑えられ、まとまりやすいヘアになります。

 

現在のヘアケア製品で満足いく仕上がりになっていない方は、他のケアアイテムに変える前に、一度このやり方でトライしてみてはどうでしょう? 1週間もすれば効果を感じられるようになるかもしれませんよ。

 

【関連記事】

※ ノンシリコンは時代遅れ!? 今大流行中の「オイルシャンプー」とは

※ デカ目効果が得られる!1日たった5分「頭の3カ所」を揉むだけ

※ アンチ派は損かも!「朝シャワー」は意外にもメリットが多いと判明

※ 【動画あり】男性ウケ抜群!老けて見えない「すっぴん風メイク」の正解

※ 多くの人が知らない!朝シャンが引き起こす「恐ろしい悲劇」とは