清潔感ゼロ!男性から即NG判定されがちな「汚女子の特徴」5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間関係やビジネスにおいて欠かせない条件の1つは、“清潔感”。それが恋愛関係ともなれば、なおさら見逃せないポイントですよね。男性目線の清潔感は、意外にもシビアなようです……。

そこで今回は、男性がドン引きしちゃう”清潔感のない女性の特徴”を5つ紹介します。

 

■1:汚れた靴やヒール

「イイ男の見分け方は、履いている靴で分かる」こんなフレーズを耳にしたことはありませんか? これは男性に限らず、女性も同じ。ブランドの靴を履いているということではなく、普段履いている靴に対するお手入れの仕方で、性格がそのまま出てしまうからです。

汚れはもちろん、ヒールのゴム部分が目につくほどすり減っていたり、金具が飛び出してカンカン音がするなんて論外! こまめなメンテナンスを心がけましょう。

 

■2:レシートやポイントカードでパンパンなお財布

気がつけば貯まっているレシートやポイントカード。パンパンに膨れ上がったメタボ財布では、清潔感とは大きくかけ離れてしまいそうです。

心理学では、お財布がパンパンな人は心配性、嫉妬深いなんてデータもあるのだとか……。これはでは、清潔感だけでなく、ネガティブなイメージを与えることになってしまうかもしれません。

週末はレシートの処分をする、ポイントカードは使う店舗以外は持ち歩かないなど、自分に合った方法で財布の中身を整理しましょう。

 

■3:ハンカチを持ち歩いていない

何かと必要な場面の多いハンカチ。稀に、手洗い乾燥機のないトイレで自身の衣服で手を拭いている女性がいますが、お世辞にも美しい光景とはいえません。

やはり大人の女性として、さっと出せるハンカチ1枚は持ち歩いておきたいものです。

 

■4:プリンヘア&伸びたネイル

髪の根元が伸びて黒くなる“プリンヘア”に、ジェルネイルが伸びるにつれて、爪の根元に出来る“隙間”。

相手に対して汚らしい印象を与えるばかりでなく、「長い間サロンへ行っていません」という、自虐ネタになってしまうことも……。要注意です。

 

■5:ニキビと吹き出物で荒れた肌

女性にとって悩みのタネの多い肌荒れも、悲しいかな、男性からは清潔感がないと思われてしまうようです。肌荒れの酷いときのメイクは、肌に負担をかけて余計に肌荒れを悪化させてしまうこともあります。

炎症のひどいときはメイクをお休みして、肌を回復させることに努めましょう。

 

いかがでしたか? 男性は意外と細かい部分まで見ているもの。清潔感のあるオーラで、あなたの魅力をさらに輝かせてくださいね。

 

【関連記事】

※ 新入社員冷ややか…会社で「オバサンだな~」と思われる女の特徴

※ グループ旅行で「空気の読めないウザい女」に思われるNG行動

※ 【動画あり】男性ウケ抜群!老けて見えない「すっぴん風メイク」の正解

※ イタすぎ女子になってない?「彼や旦那に嫌われる」NG行動4つ

※ そんなんじゃ無理!好きな彼に「ドン引きされる」NGメイク5つ