太って見えない!流行のクルーネックに合うショートヘアアレンジ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんとなく髪型とファッションのバランスが悪いと、トータルコーディネートとしてしっくりこないときがありますよね。特に顔周りにどんなものを着るかによっては、顔の印象をも左右してしまいます。そのため、鏡を見て「太って見える……」などいろいろと感じてしまうことがあるでしょう。

そこで、この春流行ファッションのひとつ、首周りがつまった”クルーネック”を着たときに似合うヘアアレンジを髪型別で、ヘアメイクアップアーティストのchihoさんに教えて頂きました。今回はショート編。ヘアスタイルがショートの方、必見です。

 

■ショートヘアにおすすめはアシンメトリー

chihoさんいわく、「巻いてふんわりするのもいいですが、アシンメトリーに片側だけ少しスッキリさせるヘアアレンジがおすすめ」とのこと。

「やり方はまず、分け目はちょうど黒目の上の延長線が目安。分け目をギザギザに分けます。ちなみにギザギザに分けると、分け目がハッキリと目立たず、自然と髪に立体感が出ます。分け目を目立たせないラフさがポイントです」 

 

■必要アイテムは”ピン2本”

chiho_image01

「髪の面積が少ない片側だけ、上下2段にねじってピンで留めます。実はここがポイント。2段に分ければ短い毛もねじりやすく、ピンも留まりやすいのです。ピンはバッテン留めがおすすめです」

では、そのおすすめのバッテン留めをどうすれば上手にできるのかも教えて頂きました。

「ピンを2本使って、Xの形になるように留める方法が最適です。このままピンの形を活かすこともできますし、表面が平らにしっかり留まるため、上からヘアアクセを重ねてピンを隠すのにもよし。ねじり留めが苦手な人は、ぜひ試してみてくださいね」

不器用さんにも簡単なこのバッテン留め。ぜひ活用しちゃいましょう。

 

■プラスアルファのアレンジテク

chiho_image02

さらにchihoさんから、「表面のバッテン留めはそのまま活かしてももちろんよいのですが、後ろの髪で少し隠したり、上からヘアアクセを重ねてもとても可愛いですよ」とレクチャーして頂きました。上記の写真を参考にしてみてくださいね。

 

このアレンジなら気軽にできそうですよね。次回は、ボブとロングヘア編をご紹介します。

 

【関連記事】

※ もう泣かない!髪のカットで失敗しないオーダーの仕方4ステップ

小技でイメチェン!自分で失敗なく前髪を切る簡単な方法【前編】

小技でイメチェン!自分で失敗なく前髪を切る簡単な方法【後編】

※ 【動画あり】メイクだけでは足りない!美人度を上げる「美肩」の作り方

夏にNGな髪の洗い方は「夜シャンvs.朝シャン」どっちが正解?

 

【取材協力】

chiho・・・大学卒業後、アパレル、美容部員、美容師、ヘアメイク事務所を経て独立。学校、企業等の講師活動、アーティストやモデルのヘアメイク、カット、ブライダルなどヘアメイク活動を通して心身の充足感を届けるために活躍中。