真夏でも持ちがUP!「劇的に崩れない」ベースメイクちょい足し技

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏のメイクの悩みといえばメイク崩れ。朝完璧に仕上げても、通勤で汗をかいたり皮脂が浮いてきて会社に着くころには、すでに鼻や額のファンデが崩れている……なんてことも。

実は、いつものメイクにひと手間加えるだけで、メイク持ちが劇的に変わります。そこで今回は、真夏でも崩れにくいベースメイクの裏技をご紹介します。

 

■メイク前の準備も大切

ファンデーションを塗る前の肌のコンディションも、その後のメイク持ちを大きく左右します。ポイントを2つご紹介します。

(1)肌が冷たくなるまで保湿

肌がほてっていると毛穴が開きやすくメイク崩れしやすいので、肌をしっかり保湿してクールダウンさせることが大切です。肌が冷たくなるまでやさしくパッティングするとよいです。

(2)乳液はティッシュオフ

夏でも乳液は必須。オフィスはエアコンで乾燥しがちなので、うるおいを守るためにも乳液で肌に薄いヴェールを作りましょう。しかし、肌表面がベタついているとファンデーションを塗っても、すぐにメイク崩れしてしまいます。乳液を薄く伸ばした後は、余分な油分をティッシュオフするとよいです。

 

■崩れにくいベースメイクの裏技3つ

夏におすすめのベースメイクは、以下の通り。

(1)ファンデーションの水使い

春夏用パウダーファンデーションの中には、“水あり・水なし両用”という記載があるものがあります。これは、ファンデーションの“水使い”ができることを指します。パフを水で濡らし、絞ったらいつも通り使うだけです。水使いをすると、水分が蒸発するタイミングでファンデがピタッと密着します。ツヤが出て持ちもよくなるのでおすすめです。

(2)仕上げにミスト化粧水を噴射

パウダー、リキッドどちらでも使える裏技です。いつも通りにファンデを付けたら仕上げにスプレータイプのミスト化粧水を顔全体に噴射します。その後ティッシュで優しく押さえて水分を取ります。水使いと同様、水分が蒸発すると同時にファンデーションが肌に密着するので、崩れにくくなります。

(3)パウダーファンデのミルフィーユ塗り

パウダーファンデーションがムラになりやすい、崩れやすいという人におすすめの裏技です。下地を顔全体に均一に伸ばしたら、ファンデの前にルースパウダーを軽く全体に付けます。肌がサラサラになり、その後のファンデーションのすべりがよくなるので、マシュマロのような肌に仕上がります。

また、ルースパウダーには皮脂や汗を吸着し、化粧崩れを防ぐ役割があるので先に付けておくことでファンデーションが崩れにくくなります。

 

出勤や外出前に、しっかり崩れにくいベースメイクに仕上げ、暑い夏でもお崩れ知らずの涼しい顔をキープしてくださいね。

 

【関連記事】

クマが隠せてない!「下手すぎる」目元のコンシーラーNG使い3つ

※ 【動画あり】男性ウケ抜群!老けて見えない「すっぴん風メイク」の正解

痛い人認定されてるかも!すぐ直したいやりすぎ勘違いメイク6選

これはイタイ!実は「目を小さく見せてる」勘違いNGアイメイク

「夕方お疲れ顔」をパッと明るくさせる魔法のメイク直し術