5才サバ読みも可能に!? 肌の「自然治癒力」をアップさせる方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスで吹き出物がでたり、季節性の乾燥に悩んだり、とかく肌の調子に一喜一憂していませんか? ちょっとしたことで肌が揺らぎやすいのは、肌の機能が低下しているから。肌は人によって個人差がありますが、肌力が高い人はトラブルやシミ、ソバカスが少なく、見た目が若々しいのです。

そこで肌のゆらぎが気になる今の季節にぴったり! 肌の”自然治癒力”を高める方法をご紹介したいと思います。

 

■肌の自然治癒力をアップさせる方法3つ

(1)クレンジングをやめてみる

しっかりメイクを落とすクレンジングは、お肌の汚れや余分な皮脂だけでなく、皮脂膜や角質層のセラミドなどの細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)も洗い流してしまいます。これにより肌のバランスが崩れて、肌の水分保持力は低下してしまうのです。

肌には回復する力が備わっていますが、ゴシゴシ洗いすぎたり、朝も夜もしっかりクレンジングと洗顔を繰り返していると、肌のバリア機能が低下してしまうことに……。まずはメイクをしないか、メイクを軽めにして、クレンジングをやめてみるところからスタートしてみましょう。 

(2)腸を整える

肌荒れは内的な要因も大きいものですが、特に重要なのが腸内環境です。腸内環境が悪いと皮膚のバリア機能に影響し、水分保持力を下げてしまいます。

食物繊維や抗酸化物質、発酵食品を積極的に摂取することはもちろん、腸内環境を悪化させてしまう長期のストレスや睡眠不足、運動不足も習慣的にならないようにしたいものです。 

(3)オーガニックコスメを使う

オーガニック認定機関による厳しい基準をクリアした、”オーガニックコスメ”。農薬を使わない有機栽培で育った生命力の高い植物は、肌にホリスティックに働き、肌が持つ本来の力を取り戻すことができます。肌本来の力を高めトラブルを減らしてくれるのです。

 

■バリア機能を高めるコスメ

オーガニックブランドの中でもファンの多いジュリークから、天然成分でピュアな素肌を作る美容液『ピュアホワイティ スキンエッセンス VB』30ml 9,700 円(税込 10,476 円)が2014年4月10日(木)より発売されます。

紫外線や環境、加齢といった要因はメラニン生成を引き起こし、一度生成されたメラニンは肌表面に現れ、細胞をだんだんくすませていきます。 オーストラリア自生の主要成分カカドゥプラムは、オレンジの約50倍のビタミンCを含み、世界で最もビタミンCが豊富な果実といわれています。

主要成分カカドゥプラムとビタミンC合成物から成る、独自複合つや肌成分”ビタブライトKX+”を濃縮配合。また、この新美容液は、従来品のカカドゥプラム果実エキスの2倍の配合量で、肌をなめらかでしなやかに保てるように調整されています。

一定の保湿効果をもたらす植物オイルや、肌のバリア機能をサポートする成分も配合されているので、一度試してみては? 

 

春は紫外線によりダメージがいつもより気になる季節。オーガニックコスメでピュアな素肌力を高めていきましょう。

 

【関連記事】

科学者絶賛!ミネラルファンデ「いいことだらけ」の肌効果とは

※ ライター自身が買いたくなった!春の新作「優秀ファンデ」3選

目からウロコ!肌トラブルの原因は「洗顔料の選択ミス」だった

ベージュだけじゃなかった!ブラが透けにくい「意外すぎる色」3つ

※ 【動画あり】メイクテクがグ〜ンとUPする最強アイテムと使い方

 

【参考】

ジュリーク・ジャパン